ユーザーを管理

ユーザーを作成

必須の権限ユーザーの作成

新しいユーザーを作成する場合、新しい個別ユーザーを作成するか、同時に複数の新しいユーザーアカウントをアップロードするかを選択できます。ここでは、Adminアプリケーションで単一のユーザを作成する手順について説明します。複数のユーザーを同時に作成または編集する手順については、複数のユーザーを一度に管理をご覧ください。

CXoneには多くのオプションと設定が用意されており、ユーザをカスタマイズすることができます。開始する前に、このタスク全体に目を通して、構成する必要がある設定を確認しておくことをお勧めします。

  1. アプリセレクターをクリックして、選択Admin.
  2. ユーザーをクリックします。

  3. 次のいずれかの方法で新しいユーザー作成フォームを開きます。

    • 空白のフォームで新しいユーザーを作成する場合は、新規作成をクリックし、シングルユーザーを選択します。
    • 既存のユーザーのプロファイルに基づいて新しいユーザーを作成する場合は、そのユーザーのプロファイルを開いてコピーをクリックします。
  4. ユーザーのメールアドレスユーザー名(メールアドレスの形式)、セキュリティプロファイルチームユーザーが使用する(タイムゾーン)、を入力します。フィールドが利用可能な場合は、パスワードおよびパスワードの確認フィールドを使用してパスワードを設定します。ユーザープロファイルに追加するその他の情報を入力します。

  5. 統合ソフトフォン(WebRTC)カスタムURLを有効にしている場合は、必要に応じて統合ソフトフォンのURLURLの重みを構成します。

  6. 保存して続行をクリックします。
  7. 各チャネルのユーザーの拒否タイムアウト、デフォルトのダイヤルパターン、およびエージェントの音声しきい値を設定します。必要に応じて、[呼び出し音の抑制]を選択します- Personal Connection

  8. 環境が静的配信用に有効になっている場合、同時チャット自動パーキング電子メールのデフォルト数を設定します。ユーザーが連絡先をリクエストできるかどうかを指定します。

  9. お客様の環境が動的配信用に有効になっている場合、ユーザーがチャネルごとに処理できる同時コンタクトの最大数を設定します。詳細な動的配信設定を有効にしている場合は、ユーザーの配信モード合計連絡先数を設定します。

  10. WFOCXone以外に(Uptivity WFOなど)WFO統合を有効にしていて、記録を設定する場合は、 システムドメインシステムユーザー名および電話を入力します。

  11. MAXバージョンセクションでは、このユーザーに使用させるMAXのバージョンを指定することができます。
  12. CXone WFMを有効にしている場合は、エージェントの通知を設定します。

  13. あなたが持っている場合NICE CXone WFOをCRMと統合する場合は、エージェントのCRMユーザー名をユーザーに関連付けます。

  14. 保存をクリックします。

カスタムユーザープロパティを編集

必須の権限: 外部ビジネスユニットの表示ビジネスユニットカスタムフォールドの編集ユーザーの編集

環境内のユーザープロファイルでは、目的に応じて最大5つのカスタムプロパティを使用できます。カスタムフィールドの使用状況を簡単に追跡するには、ラベルを変更します。たとえば、カスタム1フィールドの名前を配偶者の有無に変更して、自分や他のユーザーに、そのカスタムフィールドを使用して環境内のユーザーの結婚ステータスを記録することを思い出させることができます。これらのカスタムプロパティは、データダウンロードレポートに表示されます。

  1. アプリセレクターをクリックして、選択 ACD
  2. ACD設定 > 事業単位に移動します。

  3. 変更のために開く事業単位閉じた テクニカルサポート、請求、およびCXone環境のグローバル設定の管理に使用される高レベルの組織グループをクリックします。

  4. カスタムフィールドタブをクリックします。

  5. 編集をクリックします。
  6. デフォルトの代わりに、ユーザープロファイルに表示するカスタムフィールドの名前を入力します。

  7. 完了をクリックします。
  8. カスタムフィールドに属する情報で既存のユーザープロファイルを更新する必要がある場合は、ユーザープロファイルを個別にまたは一括で編集します。

    一括アップロードテーブルには、カスタムフィールドの更新された名前は表示されません。常にデフォルトのフィールド名が表示されます。

ユーザーにスキルを割り当てる

必須の権限 ユーザーの編集スキルの編集

ユーザー機能から、1人のユーザーに対して複数のスキルを同時に追加または削除できます。複数のユーザーを1つのスキルから同時に追加または削除する場合は、スキル機能を使用して行う必要があります。

  1. アプリセレクターをクリックして、選択Admin
  2. ユーザーをクリックします。

  3. 変更するユーザープロファイルをクリックして開きます。

  4. スキルタブをクリックします。

  5. スキルの追加表で、追加するスキルに対応するチェックボックスを選択します。

    表はページ分割され、検索可能です。他のページを検索またはナビゲートした場合、選択したチェックボックスは消去されません。

  6. スキルを追加をクリックします。
  7. 熟達度列のドロップダウンをクリックし、適用するレベルを選択して、新しいスキルのユーザーの熟達度レベルを調整します。

  8. すべての新しいスキルの習熟度レベルが希望どおりになったら、習熟度の保存をクリックします。

    ページを離れる前に習熟度の保存をクリックしないと、ユーザープロファイルに追加したすべてのスキルが削除されます。

ユーザーのスキル習熟度を変更

必須の権限: ユーザーの編集

ユーザー機能を使用して習熟度レベルを変更すると、1人のユーザーに割り当てられている多くのスキルまたはすべてのスキルを同時に変更できます。代わりに、単一のスキルに割り当てられている多数またはすべてのユーザーを一度に変更する場合は、スキル機能を使用して行う必要があります。

  1. アプリセレクターをクリックして、選択Admin
  2. ユーザーをクリックします。

  3. ユーザープロファイルをクリックして開きます。

  4. スキルタブをクリックします。

  5. 割り当てられたスキルで、変更するスキルの熟達度列のドロップダウンをクリックし、そのスキルでユーザーに持たせる新しいレベルを選択します。

  6. 習熟度を保存をクリックします。