Studioの使用を始める

このページでは、ユーザーがStudioを初めて使用する際に必要な情報を提供します。

初めてのユーザー

Studioを初めて使用するユーザーのために、アプリケーションについて学ぶための推奨される手順を以下のリストに示します。

  1. ダウンロードしてインストールし、Studioログインします。
  2. このヘルプページのStudioの使用の概要を参照してください。
  3. Studioインターフェイスをツアーします。
  4. 基礎のヘルプページを参照してください。「Studioの使用を始める」のページで紹介されている基本概念について、より詳細な情報を提供しています。
  5. Studioのアクションを使用したスクリプトに関する基本的な概念が紹介されているスクリプトアクションの基本のヘルプページを参照してください。
  6. チュートリアルに従って、最初のスクリプトを作成します。
  7. スクリプティングのベストプラクティスページを通読してください。
  8. スクリプティングガイドセクションを参照してください。このページでは、Studioにおけるスクリプティングのあらゆる側面について、技術的な詳細を説明します。これには、変数、コマンド、日時のフォーマット設定、関数、カスタムコーディングなどが含まれます。

Studioによるスクリプト記述

Studioは、グラフィカルなインターフェースを備えており、スクリプト言語に関する最小限の知識で基本的なスクリプトを作成することができます。

本セクションは、Studioにおいてスクリプト記述の基本に対する導入部分を提供します。また、このチュートリアルに沿って、Studioで基本的なスクリプトを作成することもできます。さらに詳しい情報については、オンラインヘルプのスクリプトセクションを参照してください。

スクリプトのメディアタイプ

Studioには、さまざまなスクリプトのタイプがあります。各タイプは、CXoneでの特定な種類のチャネル閉じた コンタクトがエージェントやボットとインタラクトするための方法です。チャネルは、音声、メール、チャット、ソーシャルメディアなどの可能性があります。に対応しています。新しいスクリプトを作成するときは、正しいスクリプトの種類を選択する必要があります。一部のアクションは、特定のスクリプトタイプでのみ動作します。たとえば、ASR閉じた 連絡先が、話す、電話のキーを押す、またはその両方を組み合わせて、録音された音声プロンプトに応答できるようにします。-アクションは電話スクリプトでのみ機能します。Studioスクリプトタイプは次のとおりです:

The icon for a Generic script type - a rectangle with < and > symbols inside it.

The icon for the Email script type - a large @ symbol in a diamond.

The icon for the Chat script type - a chat bubble with an ellipsis inside (...), in a diamond shape.

The icon for the Phone script type - an old-style phone handset with curved lines indicating sound coming out of it.

The icon for the Voicemail script type - a symbol that looks like a cassette tape - two circles sitting on a horizontal line.

The icon for the Work Item script type-a piece of paper with one corner folded down and a bullet list on it.

The icon for the SMS script type - a smart phone with a chat bubble coming out of it.

The icon for the Digital script type - a computer monitor with a smartphone next to it.

ジェネリック

Eメール チャット 電話 ボイスメール ワークアイテム SMS デジタル

アクション

Studioスクリプトの基本構成ブロックは、アクションと呼ばれます。アクションは、特定の機能性をスクリプトに追加する方法を言います。Studioには数百ものアクションがあります。オンラインのアクションのセクションは、ほとんどのアクションに関するトピックを含めるのに役立ちます。アクションを選択し、キーボードのF1を押下することにより、Studioから直接アクションのオンラインヘルプにアクセスできます。

アクションの詳細とその使用方法については、アクションの基本ページを参照してください。

ブランチ

分岐は、1つのアクションが2つ以上の可能性を持つ場合に使用されます。スクリプトをコンタクトがたどるであろう経路に分割し、組織が必要とするワークフローを作成する手助けをします。

コネクタ

コネクターは、アクションをリンクさせ、スクリプトの流れを作るためのものです。キャンバス上では、コネクターは矢印のついた細い線として表示され、2つのアクションをつなぎます。コネクターを曲げたり、カーブさせたりして、キャンバス上の他のアクションの周りに移動できます。

オーディオプロンプト

オーディオプロンプトは、多くのスクリプトの基礎の側面です。連絡先に情報を提供したり、連絡先に携帯電話で選択・入力させたりするためにスクリプトが再生する音声ファイルです。Studioでは、テキスト読み上げの使用や、スクリプトで使用する独自の音声プロンプトの録音など、プロンプトの詳細を学べます。

スニペットスクリプト言語

Snippet は、Studioのすべてのカスタムスクリプトのニーズに対応するために使用される社内スクリプト言語です。カスタムスクリプトは必須ではありませんが、組織が必要とするワークフローを実現するために、スクリプトを微調整するのに役立ちます。スニペットを使用してスクリプトをカスタマイズする必要がある場合、カスタムコードのスニペットについて学ぶことができます。StudioでのSnippet を使ったスクリプティングについての追加の参照情報は、オンラインヘルプのスクリプティングガイドセクションを参照してください。

Studioのファイルストレージ

必須の権限アプリケーション>Studio>プロンプト>ファイルブラウザまたはコンタクト対応>Centralスクリプトアクセス>表示 (編集と非アクティブ化には追加の権限が必要)

CXoneでは、ファイルがお使いの事業単位閉じた テクニカルサポート、請求、およびCXone環境のグローバル設定の管理に使用される高レベルの組織グループ環境内に保存されます。これには、スクリプトファイルだけでなく、スクリプトで使用するすべての音楽やプロンプトファイルも含まれます。スクリプトで使用するその他のファイルも、CXoneファイルストレージに配置する必要があります。例えば、ReadfileWritefileなどのアクション閉じた 顧客データの収集、メッセージや音楽の再生、エージェントへの連絡先のルーティングなど、Studioスクリプト内のプロセスを実行します。は、ファイルストレージにあるファイルから、またはそのファイルへデータを読み取ります。

これらのファイルはすべて、CXoneStudioからアクセスできます。

スクリプトのテストとデバッグ

必須の権限アプリケーション>Studio>スクリプト>デバッグ

スクリプトを完成させる前に、以下のようにテストとデバッグを行う必要があります。

  • Check for Syntax Errors: You can check your script for syntax errors.Anything found by this tool appears on the Script Errors tab in Studio.When you save a script, a syntax check automatically runs.Warnings indicate things that you should look at and consider fixing.Errors are critical issues that prevent the script from working.You won't be able to save your script until you correct all errors.
  • Test with Simulated Interactions: You can test scripts by simulating interactionssimulating interactions in Studio.This allows you to see how the script performs in action, as well as to diagnose problems that need to be fixed.You can run traces on simulated interactions, which gives you insights into what's happening within the script.
  • Trace Scripts: Tracing scriptsTracing scripts allows you to view what happens as a script runs.You can use it with live or simulated interactions.The Trace Output tool shows you the actions in a script and how the output changes as the script progresses.You can see the variables present in the script and the values they hold.You can also see the properties of an action, including how they're configured in the script you're tracing.
  • Debug Code and Check Syntax in Snippets: The Snippet editor window has two features that you can use to check the code you're working on.The Debugger window works like a mini-trace, allowing you to step through the code line by line.You can see each variable and the value it holds at that point in the code.