Cloud Storage Services

Cloud Storage Servicesは通話録音、画面録音、その他のファイルタイプ用に、アクティブなクラウドストレージと長期的なクラウドストレージの両方を設定および管理できます。アクティブ ストレージではファイルにすぐにアクセスできますが、長期ストレージでは 3 ~ 5 時間でファイルを使用できるようにする取得プロセスが必要です。

Secure External Access(SEA)を使用すると、アクティブなストレージからファイルを安全にエクスポートできるため、ファイルを自分のストレージに保存できます。ファイルは30日後にSEAバケットから自動的に削除されますが、手動で削除することもできます。SEAバケットからファイルを参照、ダウンロード、または削除するには、CrossFTP(またはその他のFTPクライアント)などのサードパーティツール、S3ブラウザ、またはカスタムスクリプトを使用する必要があります。

システムがCloud Storage Serviceswo使用するように構成されたら 、ファイルのライフサイクル、長期ストレージ ファイルの取得、およびストレージ構成を管理できます。

ファイルストレージライフサイクル管理、長期ファイル取得要求、および資格情報管理には、それぞれ[監査履歴]タブがあります。このタブには、作成と最終変更に関する情報の表が表示されます。何が変更されたか、いつ変更されたか、誰が変更したかを確認できます。監査履歴表は非常に大きくなる可能性があるため、検索およびフィルターツールを使用して表示を制限できます。

各種ファイルの保存場所

次の表に、さまざまな種類のファイルの保存場所を示します。ACD レコーダーの通話録音の保存場所は、高度なストレージが有効になっていないかどうかによって異なります。このオプションを有効または無効にするには、CXone Account Representativeにお問い合わせください。

ファイルタイプ

クラウドストレージ

CXoneファイルサーバー

CXone通話録音  

ACD通話録音

(ACDレコーディングのAdvACDレコーディングのストレージが有効になっています)

 

ACD通話録音

(ACDレコーディングのAdvストレージが無効になってる場合)

 

スクリーンレコーディング

 
チャット  
Eメール  
デジタル