メニュー

ユーザーがメッセージを再生しながら選択できる選択肢のメニューを追加します。このアクションは、通常、連絡先が対話の処理方法を指示する情報を提供できるようにするために使用されます。このアクションの使用例は次のとおりです。

  • セールスの場合は1を押し、サポートの場合は2を押し、アカウンティングの場合は3を押します。この場合、 メニューアクションは、連絡先によって押された数字に応じて異なるブランチにつながります。
  • アカウント番号を入力し、その後にポンド記号を入力します。この場合、メニューアクションの後に、CRMシステムから顧客アカウントページを取得し、そのページをエージェントの画面に送信するアクションが続く場合があります。

メニューアクションで使用されるメッセージは、事前に録音されたオーディオファイル、スクリプトで提供される値の音声合成(TTS)レンディション、またはこれらの組み合わせです。

サポートされているオーディオファイルタイプ:

  • WAV(非圧縮)
    • ビットレート— 64 kbps
    • オーディオサンプルサイズ— 8ビット
    • チャネル— 1(モノ)
    • オーディオサンプルレート— 8 kHz
    • オーディオ形式— CCITTμ-Law

サポートされているスクリプトタイプ

ジェネリックスクリプトタイプのアイコン-内部に<および>記号が付いた長方形。 Eメールスクリプトタイプのアイコン-ひし形の大きな@記号。 チャットスクリプトタイプのアイコン-ひし形の省略記号が内側にあるチャットバブル(...)。 電話スクリプトタイプのアイコン-そこから出てくる音を示す曲線のある古いスタイルの電話受話器。 Voicemailスクリプトタイプのアイコン(カセットテープのように見える記号)は、水平線上にある2つの円です。 作業項目スクリプトタイプのアイコン-片方の角が折りたたまれ、箇条書きが記載された一枚の紙。 SMSスクリプトタイプのアイコン-チャットバブルが出ているスマートフォン。 デジタルスクリプトタイプのアイコン-スマートフォンが横にあるコンピューターモニター。
一般的 Eメール チャット 電話 ボイスメール 作業項目 SMS デジタル

プロパティ

プロパティ 細部
シーケンス

アクションによって再生されるオーディオファイル(事前に録音されたものまたはTTS)の順序を決定します。フィールドに値を直接入力するか、アクションアイコンをダブルクリックしてプロンプトマネージャー(再生のプロパティダイアログとも呼ばれます)を使用できます。TTSには300文字の制限があることに注意してください。

TTSを使用するための複数のオプションがあります。正確なテキストを指定できます。

"%Sales Call"

同様に、話すテキストの文字列を含む変数を入力できます。

"{AgentWhisper}"

この場合、目的の文字列がパーセント記号で変数に割り当てられていることを確認してください。

AgentWhisper = "%TechnicalSupport"

フレーズ シーケンス内の各ファイルの内容を定義します。たとえば、単一の録音済みファイルを「あなたの通話が録音される可能性があります...」メッセージに使用できます。より複雑なメッセージには、事前に録音されたファイルに続いてPlay Numbers形式の変数、TTSを使用して作成されたファイル、Play Money形式の変数、別の録音済みファイル、最後にPlay Date形式の変数が含まれる場合があります。単純な値の場合は、フィールドに情報を直接入力できます。より複雑な値、TTSを使用する値、またはその両方の場合は、アクションをダブルクリックしてプロンプトマネージャーを使用します。
ClearDigits 連絡先が電話のキーパッドのキーを押すと、生成されたDTMFトーンがバッファに保存されます。ClearDigitsプロパティが(デフォルト値)に設定されている場合、アクションが開始するとそのバッファーはクリアされます。それ以外の場合、キーの押下が以前のアクションに関連付けられていても、アクションはすぐにDTMFトーンを検出し、OnDigitまたはOnDTMFブランチを呼び出します。
MaxDigits ユーザーがアクションに提供できる最大桁数。 たとえば、プロンプトが個人の社会保障番号の下4桁を要求する場合、この値を4に設定します。デフォルト値は6です。MaxDigits値に達すると、スクリプトは実行を続けます。したがって、プロンプトがターミネーター(ポンド記号や#など)を要求する場合は、この値でそれを考慮する必要があります。たとえば、録音されたメニューメッセージで「シャープ記号が後に続く」社会保障番号の最後の4桁を要求する場合は、値を5に設定します。
Terminator

発信者が数字の入力を完了したことを示すキーを押します。 たとえば、前述のMaxDigitsの説明で説明したシャープ記号(#)。この値を変数に含めたくない場合は、ターミネータの後にマイナス記号を入力します(たとえば#-)。

タイムアウト

システムが任意のタイプの入力を待機する合計秒数。時間は、シーケンスメッセージの再生が終了するとすぐにカウントされます。

InterDigitTimeout 数字が入力されてから、別の数字が入力されるかどうかを判断するためにシステムが待機する時間。
変数

キャプチャされた数字が保存される変数の名前。デフォルト値は{MRES}で、「メニュー応答」を表します。保存されたこの情報は、メニューの適切な分岐をトリガーすることに加えて、意思決定やその他の目的に使用できます。

ブランチ

ブランチ 細部

デフォルト

スクリプトが他のブランチの1つをとる必要がある条件を満たさない限り、パスが取られます。他のブランチが定義されていない場合にも使用されます。

OnTerminator

呼び出し元がプロパティで指定された値を提供するときに取られるパス。
OnMaxDigits 呼び出し元の入力がMaxDigits値に達したときに取られるパス。
OnTimeout 指定された秒数の間応答がない場合に取られるパス。
OnInterDigitTimeout プロンプトに対する呼び出し側の応答中に、InterDigitTimeoutプロパティで指定された時間が経過したときに取られるパス。
カスタムケース 可変ブランチ条件を使用して、メニューアクションが2次アクションに接続されたときに作成されたパス。

ヒントとコツ

  • 発信者がキーパッドの番号を押すと、スクリプトは選択した番号に基づいてブランチをたどります。
  • 発信者が回転式電話を使用する場合、スクリプトでこのシナリオを説明しない限り、発信者はDTMFトーンを入力できず、スタックします。
  • スクリプトに複数のメニューアクションが含まれている場合は、変数の名前をデフォルト値から変更して、異なるアクションの変数が互いに上書きしないようにしてください。
  • TTSには300文字の制限があります。

メニューを使用する電話スクリプトの例

この単純な例では、スクリプトは開始アクション(図には示されていません)によってトリガーされます。その後、メニューアクションは、サポートの場合は1、販売の場合は2、請求の場合は3を押すように発信者に通知するメッセージを再生します。発信者が電話のキーパッドで押すボタンに基づいて、スクリプトは別のReqagentアクションを実行し、そのReqagentアクションで構成されたスキル閉まっている エージェントのスキル、能力、知識に基づいてインタラクションの配信を自動化するために使用されますからエージェントをリクエストします。

このスクリプトをダウンロードしますか?