直接データアクセス

ダイレクトデータアクセスを使用すると、Microsoft Excel で事業単位閉じた テクニカルサポート、請求、およびCXone環境のグローバル設定の管理に使用される高レベルの組織グループのデータベースに安全に接続して、カスタムのレポートと分析を作成できます。ダイレクトデータアクセスは、Office 365も含め、Microsoft Excel 2013以降のすべてのバージョンでサポートされています。データ辞書のほとんどの測定基準は、直接データアクセスに使用できます。

ダイレクトデータアクセスは、データアナリストやそれに似た役割の人が使うことを想定しています。Microsoft Excelの機能に関する高度な知識とアクセスを有している必要があります。以下はその一部です。

  • ピボットテーブルとその関連機能。
  • データ分析式(DAX)言語。
  • ピボットグラフ。
  • PowerViewレポート。

ユーザーのセキュリティプロファイルを通じて、これらのレポートで生成されたデータの表示を制限することはできません。

この製品のサポートは、初期設定とデータモデルへの接続およびデータ関連の質問に限定されています。Microsoft Excelの機能に関連するレベルのサポートやトレーニングは、NICE CXoneによって提供されません。Microsoft Excelに関する質問については、Microsoftの外部トレーニングおよびドキュメントリソースを参照してください。

直接データアクセスの設定

必須の権限: ダイレクトデータアクセス

  1. Excelで空白のワークブックを作成します。

  2. 以下を使用してデータ接続ウィザードを開きます。

  3. サーバー名には、所属するクラスターに応じて以下を入力します。使用しているクラスターが以下に記載されていない場合は、ここでクラスター別の全ドメイン名の一覧を確認できます。

    • A32https://bi-aa.niceincontact.com

    • B2-C20https://bi.incontact.com
    • E1-E31https://bi.incontact.eu
    • AWSC30またはC31https://bi-ao.incontact.com
    • AWS C29およびC32以降https://bi-ao.nice-incontact.com
    • C71 & C72https://bi-cv.nice-incontact.com
    • M32 & M33: https://bi-am.niceincontact.com
    • L32–L36: https://bi-al.niceincontact.com
    • J32: https://bi-aj.niceincontact.com
  4. OKをクリックします。

  5. あなたのCXoneユーザー名そしてパスワードを入力してください。ログオンの認証情報で、次のユーザー名とパスワードを使用するが選択されていることを確認します。Windows認証を使用するを選択しないでください。
  6. 次へをクリックします。

    場所とユーザー認証情報を設定すると、パーサー: 「GET」の構文が正しくありません。というエラーが表示される場合があります。通常、このエラーは、サーバー名または資格情報を誤って入力した場合に発生します。また、サーバー名がHTTPではなくHTTPSアドレスを使用していることを確認してください。

  7. データベースと表の選択ドロップダウンから、使用するデータベースを選択します。InsightACD DetailIntraday ACD Detail、またはPersonal Connectionから選択できます。
  8. 完了をクリックします。

  9. データのインポートウィンドウが表示されたら、OKをクリックします。